IT技術に関するメモ(主にセキュリティ関連)

Windows11でAndroidアプリ(Amazon appstore)を導入

Windows11において、Windows Subsystem for Android(WSA)のプレビューが日本でも開始されました。
早速導入してみたので記事を書きたいと思います。

Windows Subsystem for Androidとは

似たような機能としてWindows Subsystem for Linux(WSL)があります。
こちらはWindows上でLinuxを動かすものですが、Windows Subsystem for Linux(WSA)はAndroidアプリを動かすものです。
但し、アプリストアはGoogle PlayではなくAmazon appstoreです。

WSAインストール

[スタート] メニューからMicrosoft Storeアプリを検索して起動します。

起動したら上部にある検索欄に「amazon」と入力すると、Amazonアプリストアが表示されますのでクリックします。

Amazonアプリストアのページが表示されるので、[インストール]ボタンを押下し、指示に従ってインストールを実施します。

インストールすると再起動が求められると思います。
再起動してインストールが完了すると、[すべてのアプリ]に「アプリストア」が追加されています。

アプリストア

[全てのアプリ]からアプリストアを起動します。
プレビュー版であることの表示があり、「アプリは随時追加予定」とあります。

左上にある「こんにちは、○○さん」というところをクリックすると、購入済みのアプリが表示されます。

過去に購入したアプリは一つしか対応していませんでした。

まとめ

プレビュー版であり、まだアプリは少ないです。
アプリが増えてくれば便利になりそうなので、今後に期待です。

オフラインゲームのセーブデータをクラウド保存して同期してくれると嬉しいのですが、そういった機能は付くのでしょうか。
購入済みのゲームが追加されたら検証してみたいと思います。

おまけ

購入済みアプリに表示されているLEGO BOOSTとは、レゴとアプリを使ってプログラミング学習が出来るものです。
レゴで作ったロボットのバーニー君や猫のフランキーやギター等を組み立て、アプリを使って遊ぶことが出来ます。
大人が遊んでも結構面白いので、自分用や子供へのプレゼントにおすすめです。


当サイトはさくらインターネットのレンタルサーバーを利用しています。